当社のご案内 うなぎの情報 食の安全性 お客様の声 お問い合わせ

日本うなぎの生態には、まだまだ謎が多いのですが、最近の学説によりますと、日本うなぎは5年から15年間川や湖で生活した後に海へ下り、その後フィリピン東方海域で卵を産むといわれています。生まれたてのうなぎの子供は生体を変えながら黒潮に乗って1年がかりで日本の沿岸にたどり着き、その一部が採取され養殖されます。最近になって研究段階で人工孵化に成功していますが、養殖には至っておらずうなぎの養殖はすべて自然に依存しています。


山下商店のうなぎはすべて中国広東省の指定した池で育ったうなぎを使用しています。 うなぎの分類は熱帯魚、中国福建省、広東省は亜熱帯に位置しているので、一年を通して気候が温暖で冬でも暖かく、うなぎの養殖に適しています。 国産のうなぎが高い理由のひとつに日本では冬が寒く、うなぎが冬眠するためハウスが必要となりコストがかかるといったことがあるようです。


池の深さは約1.2メートル、ダムから引かれた渓流水や井戸水などのきれいな水を利用し、水の入れ替えも多く薄飼いされてのびのび泳げる環境で育ちます。餌は、ミールといって魚の脂肪を抜いたものを粉にして練ったものに繊維性の麦のふすまを混ぜたものを与えます。 豊富なきれいな水で養殖されたうなぎも大きく育ちいよいよ出荷の時きました。サンプリング検査で合格したうなぎはサイズごとに選別し、酸素詰めの袋に入れられて指定工場に運ばれ白焼きにします。


山下商店では、うなぎの出荷(輸出)までに4回の綿密な検査を実施し、「確実に安全に万全を期した商品作り」を行っています。
1回目:養殖池事前監査
養殖池ごとにサンプリング検査を実施。定性法と定量法による16項目の残留薬物の検査と水銀、ヒ素、カドミウムなどの重金属残留検査、泥臭などの異臭検査を行い、合格した養殖池のうなぎのみを買い付けます。

2回目:加工場搬入時検査
工場に運ばれたうなぎは工場内の立て場で2日間畜養します。 その間に工場の検査室で専門のスタッフにより最新鋭の検査機器を使用して1回目と同じ検査項目の検査をします。

3回目:工場による製品検査
2回目検査に合格したうなぎは氷締めし、仮死状態にしてから手作業で開きます。 開いたうなぎは製造工程ごとに厳しい検査基準を設けた製造工程通りに、大型の焼ラインで炭火とガスで白焼きにします。 白焼きに加工されたすべてのうなぎについて1回目、2回目と同様に検査を行います。 工場:広東省 楊氏水産有限公司。ISO9001、HACCPを取得認証しています。

4回目:中国政府による輸出検査
中国政府機関、商品検験局による国家検査を行い、合格後輸出されます。 以上4回の厳しい検査を合格し、輸出後、日本政府の検疫検査を行い営業冷蔵庫に冷凍保管されます。 山下商店では、お届けする「うなぎ蒲焼」1尾ずつにトレーサビリティを導入し、うなぎの履歴追及を可能にしました。

うなぎ加工工場直送通信販売  |  当社のご案内  |  安心と安全の情報  |  うないちの拘り  |  お客様の声  |  お問い合わせ  |  HOME

株式会社 山下商店
〒920-0025 石川県金沢市駅西本町4丁目5番30号
(代):076-223-1129 FAX:076-221-7288
info@unaichi.com